2013
12.11

アロハタロットティーチャー忘年会と練習会

Category: その他
東京へ行って参りました!

アロハタロットティーチャーの忘年会と練習会のためです。
私はお二人の先生以外は皆初対面。
緊張する中での参加にもかかわらず、遅刻してしまい、後からドタバタ・・・大変失礼いたしました(>_<)

ティーチャーさん合計8名がそろい、アロハタロットを使って1人づつ自己紹介しました。
自分の伝えたい内容をカードで表すのはとても面白いです。
聴いている方もカードを見ながらだと分かりやすいし、親しみが持てます。
皆さん、とても魅力的な素敵な方達ばかりでした。お会いできて本当によかったです。

お食事しながらアロハタロットの活動についてシェアしたり、楽しく雑談したり、席がえしたりであっという間に時間が過ぎてしまいました!いったん外に出て、そしてまた同じ場所に、そのまま二次会へと突入~!
皆さんとお話ができて、貴重な時間を過ごす事ができました。


そして、2日目は練習会。
ティーチャーになり練習会をする側でしたが、受ける機会はなかったので、これは是非受けなければ・・・と午前、午後と参加してきました。

船橋にある、アロハアカデミアのサロンにおじゃましました。
とって素敵なサロン、気持ちの良いお部屋でした。
お庭もティーリーフなどの植物が元気に育ち、アロハの空気漂う場所です。

0_20131212015303a8e.jpg

















人志先生はお茶の準備を、そして久笑先生は庭のローズマリーの葉を摘みに・・・。ほのぼのした様子です♡
お二人とも後ろ姿・・・。どうせならこちら向いていただいたらよかったです(^_^;)



集まったのはティーチャーさんばかりでしたので、午前中から中身の濃い練習会となりました。
実践練習としてペアで占いしましたが、皆に注目されての占いは久々に緊張です。

順番に感想を述べ、私だったらこう占っていた、というように、それぞれの占い方がちがったりします。
導く方向が全然変わってきたりもするのですが、どれも正しい。
いろんなパターンがあって面白かったです。
もちろん、基礎がしっかり分かっているティーチャーだからこそなのですが・・・。

いろんな占い方はありますが、結局占いの相手というのは、その人の占いが必要だったからという事なのですね。だから、もし「あれ?」と思ってもじっくり考えてみると何かしら気づきがあるのかもしれません。

また、クライアントの立場になる事によって、満足度が高い占いとはどういうものなのか?を改めて考える事もできました。
気になっていた質問も解決でき、勘違いしていた部分の訂正もでき、ティーチャーさん達や、先生方の読みを聴く事もでき、とても勉強になりました。

01_20131212015348b56.jpg



ご一緒いただいたティーチャーの皆様、久笑先生、人志先生、心よりありがとうございました。
また皆様にお会いできる日を楽しみにしています。


まだまだ学ぶ事は多いですが、よりよい占いができるよう、今後も精進していきます
そして、自分の練習会にも活かせるよう考えていきたいと思います。





さて、12月22日は練習会です!
お時間ある方は是非いらして下さいね!

●12月22日(日) 13時00分~16時00分
  料金 3時間 3500円  
  場所 西宮



お申し込みは右のメールフォーム、もしくは beorc.m☆gmail.com(☆を@に変えて送信下さい)までご連絡下さい。





0022_201312120145052b7.jpg






Comment:0
2013
11.12

鞍馬とレイキとアロハタロット その2

Category: その他
前回の続きです。


さて、しばらくの山道。
もう着くか?もう着くか?と思いながら進みます。
042.jpg



どんどんお山を登りまして、着いたのは「奥の院」
031_201311120047548d5.jpg




ここでアロハタロットの浄化をする事にしました。

040.jpg

レイキで邪気払いして、エネルギー注入。
これでしっかり浄化できました。
今度のイベントもこれでバッチリです!





そしてここで引いた一枚。

038_201311120107489f2.jpg




035.jpg


マナ7「誕生」のカードです。
高いエネルギー!
そしてチャレンジ精神。
新しい誕生が待っているようです。
アロハタロットに対してだけでなく、他の事に関しても強く振りかかってきたメッセージとなりました。
今の私にはうれしいメッセージです。




053.jpg





047.jpg


先日、レイキセミナーをしたばかりなので、このタイミングで鞍馬に来られた事、本当によかったです。
波動の高いこの場所で、アロハタロットと共にたっぷりエネルギーチャージできて、大満足の一日でした。

レイキとアロハタロットの交流会をやりたいなぁと思いました。
また、はっきり決まりましたらお知らせしますね!
きっと楽しい・・・^m^


まずは11月17日の「癒しスタジアム」
浄化されたカードで占いますので皆様、是非いらして下さいませ~。








Comment:0
2013
11.11

鞍馬とレイキとアロハタロット

Category: その他
鞍馬山に行ってきました。

鞍馬といえば、天狗、牛若丸(源義経)です。
義経は幼少時代、この地で、仏法、学問に励み、鞍馬の天狗に剣術、妖術などの武芸修練を受けたなど、
鞍馬山には義経にまつわる数々の伝説、史跡が残っています。

そして私的には、なんといっても鞍馬山と言えばレイキです。
レイキの創始者である臼井甕男さんが、ここで断食21日目に雷のような衝撃を受け、そのときに感じたエネルギーが心身を貫き、体内との共鳴、一体感を達成し、求めていた悟りの境地を完成しました。それが現在多く広がっている「霊気」です。
霊気は宇宙エネルギー、鞍馬でさらにエネルギーチャージしたいと1年ぶりくらいに訪れました。

そして、今回は、アロハタロット持参で!
エネルギーの高い鞍馬でしっかり浄化です。



叡山電鉄の鞍馬駅に着いた時には、雨!
朝の天気予報では晴れの予報だったのに、いつのまにか予報も雨に変わっていました。
山に登るのに雨では厳しいのですが、ここまできて登らないわけにはいけません。

001_20131111225623807.jpg

002_20131111230053fa2.jpg

007_2013111123012657e.jpg


ケーブルで本殿金堂まで行きましたが、そこまで行きますと・・・
なんと太陽が!
すっかり晴れあがりました(^O^)
あ~、なんて気持ちのよい空気でしょう!

KIMG0375.jpg


KIMG0370.jpg


014_2013111200353745a.jpg
本殿金堂前の六芒星
この三角形の場所は、パワーが最も集中する場所と言われています。
その上に立ち、しっかりとエネルギーを感じてみました。


そして、更に奥の院まで歩いて登ります。
普段運動もしていない私は、ここからが結構キツイ!
でも、なぜか今日はらくらく登れました。

018_201311120045430a7.jpg


019_201311120045443d3.jpg


そして、こんな写真が撮れました!!


1_20131111231829e44.jpg

光っているのは太陽の光ですが、その上、大きなオーブです!
ここまで大きなオーブの写真は初めてなので感激してしまいました。
やはり、エネルギーの高いこの場所だからこそですね。


次へ続く・・・







Comment:0
2013
07.13

天然石、アゼツライトとアロハタロット

Category: その他
アロハタロットとの他に、天然石でアクセサリーを作っています。
自然の石の魅力に引き込まれて、いつのまにかアクセサリーを作るようになりました。
こちらのブログもよろしくお願いします~ →beorc・・・天然石アクセサリー

イベントでは、カードと共にアクセサリー販売も一緒に出展する事もあります。

気に入った石を見つけるとつい買い集めてしまうのですが・・・。
最近とても気になる石がありまして。

アゼツライト・・・

アゼツライトは、最高のヒーリングクリスタルとよばれていて、世界的に有名なパワーストーンです。
純粋な波動を持ち、全てのチャクラに働きかけ、持つ人の意識を高めます。
また、次元を超えたエネルギーや知識を取り込むための窓になります。
エネルギーが強いため、慣れるまでには時間がかかりますが、馴染めば大きなサポートとなる石です。

という魅力的なアゼツライトなのですが、なんといってもお値段が高い高い。
でも前からかなり迷って、どうしても気になって仕方ないので、思い切ってアロハタロットにきいてみることにしました。




アゼツライトを購入する事は果たして私にとってどうなのか・・・・・・!?




ジャーン!

012_20130713120236.jpg



大アルカナ0、THE FOOL です!!



あぁ~、マウイですよ。
もう買うしかないです!

天とつながるという意味でもアゼツライトを表すカードとしてもぴったりです。
大きなモノをつかみとる、そして占師を表すマウイのカード。

パワーストーンに頼りすぎるのはどうかと思いますが、ちょっとしたサポートがあると思うと気持ち的にもアップしますし、ポジティブ感も増すのでよいかなと思います。
さてさて、どんなブレスにしようかな♪


こうして、何かの購入に迷った時、何かを始めようとした時等、ちょっとした事で迷っても気軽に1枚カードを引くことによって決断できるので、とても便利なツールとなります。



010.jpg


バッチリ本物保証書付きです!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

講座、イベントのお知らせ


1day体験講座
■8月10日(土)  9時半~12時半 伊丹 

アドバンスコース 
■8月10日(土)  13時30分~16時30分         伊丹
    11日(日)   9時30分~16時30分(休憩1時間) 伊丹


癒しスタジアムIN大阪vol.30

■8月17日(土)18日(日)   両日10時30分~18時
 天満橋OMMピル 2F イベント会場






Comment:0
2013
06.17

「ハワイ・花と文化展」その2

Category: その他
前回に引き続き、「ハワイ・花と文化展」の報告です!

まずはハイビスカス!
日本でもよく見るハイビスカス、これは、園芸用に人によって改良されたものです。
花が大きく、葉は固いのが園芸用のもので、ハワイの固有種としては、花は小さめで葉はやわらかいです。
そして、もともと虫がいなかったため、香りが強いものが多いようです。


055.jpg



054.jpg

これは、コキオ・ケオケオ(ヒビスクス・アーノッティアヌス)
コキオはハイビスカス。ケオケオは白色を意味します。白いハイビスカスということですね。
この種は、少し頼りないほどの細身で白い花びら、そして、花びらの中央から付き出た「雌しべ」と「雄しべ」が合体した真っ赤な「ずい柱」が織り成す白と赤のコンビネーションは、本当に綺麗なものです。



043.jpg

コキオ・ケオケオ(ヒビスクス・ワイメアメ)
これも白いハイビスカスですが、少し種類がちがいます。
上のヒビスクス・アーノッティアヌスに比べて香りが強く、葉の裏には、灰色のベルベット状のビロード毛があるのが特徴です。
アーノッティアヌスと花が似ていますが、雨の多いカウアイ島で、進化したため小ぶりで丸めの花になりました。

アウマクア3に固有の力の意味としてでてきます。
大アルカナ19 ウニヒピリ7 ウニヒピリ14は黄色のハイビスカス。ハワイ州の象徴の花として描かれています。


041.jpg

046.jpg

コキオ・ウラ(ヒビスクス・コキオ)
ウラは赤を表します。
様々な園芸品種のもとになった原種のひとつ。
最初にハワイ州の花として制定されたハイビスカスでもあります。
深い紅色が印象的です。現在の州花は、黄色いハイビスカス「ブラッケンリンジー」になっています。
園芸品種のハイビスカスよりふたまわりほど小さく大変貴重なハイビスカスです。




050.jpg


051.jpg

アロアロ(ハイビスカス・クレイ)
外観がハイビスカス・コキオに似ているため、その亜種とする学者もいます。
カウアイ島の東部の乾燥した土地に自生します。
絶滅が危惧されており、ハワイ州やカメハメハスクールなどの教育機関がそれぞれ再生の努力を続けています。
絶滅危惧種です。
絶滅危惧種となったのは、やはり人間が持ち込んだウサギや豚・ヤギによって食べられてしまったようで、結局は人間のせいなのですね・・・悲しい事です。



その他のハイビスカスたちです~
これはほんの一部、多くの種類があるのですね。

056_20130618002431.jpg




070.jpg

サボテン
たくさんのサボテンがありましたが、アロハタロットに出てくるサボテンは、右奥(分かりにくいですが)のものでしょう。
アウマクア7のサボテンの絵を思い浮かべながら探してみました。


他にもあったとは思うのですが、写真を撮り損ねたりみつけられなかったり。

カードに出てくる意外のハワイの植物も少し紹介いたします。

073.jpg

アルラ
幹の下は太くそしてだんだん細くなって、その上にキャベツのような塊という奇妙な姿。
気の遠くなるような時間をかけて岸壁に根付いた植物なのです。
カウアイ島でも固有植物は外来動植物によりその数を減らされています。
ナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデンの職員が断崖絶壁に生息していたものを人工的に受粉させ、育成して繁殖させることに成功しました。
白いお花が咲き、よい香りがするそうです。
絶滅危惧種です。



075.jpg



078.jpg

アヒナヒナ(ギンケンソウ)
ハワイ語の「アヒナヒナ」は「銀の毛」「女神ヒナの髪」の意味。
ギンケンソウの故郷はマウイ島のハレアカラ山(標高3505m)の頂上付近の高山帯です。
葉を覆う銀色の毛は湿気を保ち、高山の強い紫外線から身を守るのに役立ちます。
ハワイの神話では、ヒナの銀色の髪で作った縄で7本の太陽の足を盗んだという話があります。
ギンケンソウは、発芽後15年~50年かけて花を咲かせます。一度咲くと、その個体の寿命も終わってしまいます。

グレーの毛だからと言って、お年寄りとかそういう意味ではありません。智慧がある賢い植物だということを表しています。自分で白い毛を生やし、紫外線から身を守っているのですから!
一生に一度しか咲かない花。そして、花が咲いたらそれで終わり。
そして、これも絶滅危惧種です。
受粉を助けるミツバチの一種を外から持ち込まれたアルゼンチンアリが補食し、それが原因で、数を年々減らしており、絶滅が危惧されています。
この、「咲くやこの花館」でみられるのも、あと2つだけ・・・。それが終わればもうおしまいだそうです。
日本ではここにしかないそうなので、本当にこれでもう見られなくなってしまうということです。
そんなお話をハワイ在住のガイドさんから聴きながら、思わずホロリときてしまいそうになりました。
貴重なアヒナヒナ・・・またここに見に来たいと思います。



こんな感じで一つ一つ植物をじっくり観察し、とっても充実した一日を過ごす事ができました。
なかなかこれだけ多くのハワイの植物をまとめてみる事などできないので、goodなタイミングで教えていただけてうれしい限り。改めてKさんありがとうございました。

じゅうぶん見学した後は、館内のレストランでお茶を飲みながらアロハタロットについて話をしたり、プチセッション的な事をしてみたりと楽しい時間を過ごしました。
アロハタロットを通じて、こんな素敵な繋がりが出来た事に感謝です。

今回も長文読んで下さりありがとうございました。






Comment:2
back-to-top