2014
03.09

アロハタロットとの出会い④セラピーコースへ

前回より引き続きです・・・。
文章は大の苦手で嫌いなのに何故か続いております。こっそり?綴っています。
どうぞさらっと流す程度にご覧下さい(^_^;)

さて、1day体験講座をアドバンスコースを受けてからは、家族や友達相手に占いしました。
練習のつもりで機会があればするようにしました。
とにかく楽しくて夢中でやっていました。
ただ、これでできているのか?というような疑問は常にあったので、テキストを見比べながら何度も確認してという繰り返しです。

そんな日々が続いたある日、アドバンスコースの後にセラピーコースという講座が関西で開催されることになりました。
アドバンスコースまででじゅうぶんと思っていたのですが、どうも気になります。
別に占い師になるわけでもないし、セラピーしたいわけでもないし・・・とスル―しようとも思ったのですが、初めて関西でこの講座があり次回はまたいつかわからないと思うと、はやりどうにもこうにもソワソワしてしまいました。
4日間もあるし、決して安い受講料ではないので、かなり迷いました。
実のところ、セラピーコースをとばして占いコースを習いたいという気持ちがありました。占いの方が楽しいというイメージがあったからです。
でも、とばすわけにはいかないので、思いきって申し込みしました。
「えいっ!」という感じです(笑)

そして、セラピーコースを受講しました。
この講座では、受講者が私1人ということもあり、なんとも贅沢な先生方との濃い時間を過ごさせていただき、すっかり久笑先生と人志先生に惚れてしまいました(*^_^*)
それと共に、私のアロハタロットに対する想い、そしてタロットに対する見方も変わってきました。
いかにセラピーが大切かを知る事ができ、なぜ占いコースの前にセラピーコースがあるのかという事もよく分かりました。
自分が癒されていないと、他人を癒す事などできないという事です。
そして、占いをするにあたってもセラピーの必要性が分かりました。
占いの結果や対策だけではどうにもならない場合があります。
対策を言われても、分かってるけどそれができない・・・という場合は、心にふれなければその対策のとりようがなかったり、心の開放がなければ根本的な解決に繋がりません。
両方をうまく組み合わせて占いするというのが必要なのです。
そういった意味で、このセラピーの重要さが分かりました。

「関西では1人目のセラピープロだね!」と先生方に言っていただき、これから頑張ろうという気持ちが出てきていました。
こうして、新たにセラピーを学ぶ事によって、自信もついてきたので、たまに出ていたイベントにアロハタロットも追加して、実践へと励みました。
遊びから真剣に向き合う形へと変化していったようです。
それからは、前よりアロハタロットを信頼して使う頻度が増えました。
出かける時は常に持ち歩く、いつでもどこでもできるようにと・・・。

この時点ですっかりアロハタロットにはまっていたのでした(*^_^*)


つづく










Comment:0
2014
03.03

アロハタロットとの出会い③ハワイとレイキとアロハタロット

前回のつづきです。

こうしてアロハタロットを楽しいと思い、頻繁に使うようになったというわけです。
それと同時にハワイにも興味を持つようになりました。

昔は、ハワイなど、どちらかと言えば嫌いな方(言っちゃった!)でした。
芸能人がお正月に行く場所、買い物する場所、チャラチャラした場所、みたいなイメージで全く興味はありませんでした。

ところがレイキを学び、スピリチュアルな事に興味をもつようになると、しぜんとハワイがすばらしい聖地である事が分かりました。ハワイの今まで思っていた違う側面を知ることができました。
なかでもホ・オポノポノの本は夢中で読みあさったほどです。
そうでなければ、そもそもこのアロハタロットを買おうとは思わなかったでしょう。
そしてそれに加えて1day体験講座とアドバンスでのハワイの教え、神話を学び、ますますハワイの文化、アロハの精神のすばらしさを知る事ができました。

ハワイの神話の本を買ってみたり、ハワイ関係の番組があれば観たり。
そして、アロハタロットを学べば学ぶほどハワイの事も好きだと思えるようになっていきました。

ハワイ関係のお店に入るとか、アロハ柄の小物を持つなんて!
ましてやレイをかけて占いをする、なんて事は何をどう考えてもありえなかったのですが、今では抵抗ありません。
もちろん、ハワイ大好き!と熱く語るほどではありませんが、自然な形で好きになれたという感じです。
そう考えると本当に先の事なんて分からないものですね・・・人生とはそういうものなのですかね。アレ、ちょっと大げさ^m^


何故ハワイが良いと思えるようになったのか?

それは、ハワイの精神性、それが宇宙の法則にぴったり合っているからだと思います。
そして、それはレイキの教えとも通じるからです。
そこでしっかり繋がったというわけです。

愛と調和のエネルギー、それに満ち溢れたアロハタロットは、必ず私たちを幸福へと導いてくれるに違いありません。


つづく・・・かも?






Comment:0
2014
03.02

アロハタロットとの出会い②講座の始まり

前回からの続きです・・・

こうして私の家にアロハタロットカードがやってきました。

しばらくはカードをちょこちょこひいてみたり、絵をじっくり眺めたりしていました。
解説書のとおりカードの展開もしてみましたが、これがイマイチよく分からない。
どうよんだらいいのかはやっぱり難しいのでした。
そして、次第にカードは飾りものへとなりつつあり、しばらくすると全く触らなくなってしまいました。
それは、やはり使い方がよく分からない、というのが根底にあったのだと思います。

そして、しばらく月日が経ちました。
ある時、アロハタロットの講座が関西で開催されるという事を知りました。
当時私は別のカードの講座も受けていて、カードを学ぶという事の楽しさや必要さを知ったところだったので、これは受けてみたいと思い、1day体験講座とアドバンスコースを申し込みました。
せっかく買ったカードを無駄にしたくないという理由もありましたし、人志先生にもお会いしてみたいという気持ちもあり必然的です。

そしていよいよ講座の日がやってきました。
初めてお会いする人志先生と久笑先生。
占い師というのは、怪しい雰囲気のそして厳しい人という私の勝手なイメージでしたが、見事覆されました。
お二人とも、本当にほわ~んと優しいあたたかいお人柄でした。
何事も良き師匠に出逢えるというのは本当に幸せな事です。
安心して講座を受ける事ができ、アロハタロットがいかに奥深いか、そしてアロハタロットのすばらしさを知ったのでした!

つづく・・・










Comment:0
2014
03.01

アロハタロットとの出会い①

今更・・・ですが、私のアロハタロットとの出会いなど、この辺でお話ししようと思います。

そもそもタロットを自分がするなど、ましてや教える、という立場になるなど、全く考えもしていませんでした。
思ってもいなかった事を今やっているというのが、今となっては本当に不思議で面白いと思います。

昔から占いには興味はありましたが、どちらかと言えば信じてはいませんでした。
でも、雑誌などについている占いのページなどは、必ず目を通して読んでいたので好きは好きでした。
ただ、内容はあまり気にせず、忘れることは多かったです。
占いの館と言われる場所には何回か行った事はあります。
その中では特にタロットだけは信用できず、タロットを出されるとがっかりしてしまいました。
適当に引いたカードで何が分かるというのか?そんなの当たるわけがない!と。完全否定です。
まだ四柱推命等の統計学的なものの方が真実味があり、信用できると思っていました。
ところが今ではそのタロットを手にしているなんて~!
昔の私だったらありえないと腰をぬかすでしょう(笑)

それが何故信じられるようになったのでしょう?
完全に信じられるようになるまでにはかなり時間はかかりました。
まずはそのきっかけをお話しましょう。

まずは、レイキとの出会いなのですが、全てはここから始まっています。
レイキのセミナーを受けた後、スピリチュアルな事にどんどん目覚めていき、学びたい事も多くなっていきました。
そんな中で、タロットカードやオラクルカードについても理解できるようになりました。
たくさんの種類のカードがあると知り、描かれている絵も様々なので、見ているだけでも楽しいと思い、知らない間にカードが一つ二つと増えていきました。
ただ、この時点ではまだまだカードというものを信用はしていたというわけではありません。
美しい絵が描かれたカードというのは、私にとって、非常に魅力的というだけです。それに何かメッセージがついてくるといった感覚でした。

妹が東京でレイキを伝授を受けたということで知った、佐藤人志先生。
聴いた人志先生の印象はとてもよかったので、度々HPを拝見していました。
私も東京で受けようと思ってはいましたが、結局関西の別の先生からセミナーを受けました。
そんな時、人志先生がタロットカードを作られたというのを知りました。
その新しく作られたという「ハワイアンアロハタロット」がとてもとても気になってしまいました。
そして、ついに購入を決めたというわけです。
ふつうのカードよりお値段もお高いですし、少し迷ったものの、優柔不断な私にしてはすんなり購入してしまいました。

そんな感じでアロハタロットとの出会いがあったわけです。


ということで、長くなったので続きはまた・・・(^o^)/











Comment:0
back-to-top