2014
03.22

タロットカードの種類

タロットカード、たくさんの種類がありますよね・・・。
私もアロハタロットを買う前にもいろいろカードは集めていました。

オラクルカードが多かったですが、はじめに買ったのが、「インナーチャイルドカード」です。
最近では、イベントでもあちらこちらで見かけ、かなりメジャーになってきたように思います。

「赤ずきん」「シンデレラ」「ピーターパン」など物語をモチーフにしたカードで、とにかくとてもかわいいのです。

022_20140322203507d70.jpg


ほら!かわいいでしょ~(*^_^*)
カードが大きくてシャッフルしにくいのが難点ですが、大きく絵が見られるという点では良いですね。
使い方も分からず、絵柄で買ったというカードですが、手に持つとやはりちゃんと知りたくて、学びにも行きました。
しばらくこのカードを使っていたのですが、なかなか奥が深く、面白いです。

ところが、アロハタロットを学んでからは、ほとんど使わなくなってしまいました。
なぜなら、アロハタロットで全て事が済むからです。
さすがアロハタロットさん!
大きな特徴である、占い、セラピー、オラクルの3つが出来るカードというのは強いです。
インナーチャイルドカードは、セラピー要素が強く、占いとしては使いません。
やはり、セッションするのには占いとセラピー両方を取り交ぜてする方が断然スッキリ感があるのです。

ただ、はやりカードはかわいいので、個人的なセッションには、必要であればこれも入れながら使用しています。
絵を見て癒される~というのも大切な要素です。アロハタロットとはまた違う癒しがあります。


一般的なタロットカード、スタンダードなのが、ライダー版ですね。
タロットってなんだか怖い、と言われるのは描かれている絵が原因だと思います。

例えば大アルカナ
028_20140322210547d11.jpg


右から
大アルカナ13塔
大アルカナ15デビル
大アルカナ16デス

怖いです!


これがアロハタロットでは
029_20140322210635791.jpg

塔のカードはペレさん、ということからも迫力はありますが、親しみがもてます。
デスのカードはタコですし・・・ある意味おもしろいです。


インナーチャイルドカードを見てみましょう。
031_20140322210731acb.jpg

多少暗い感はありますが、やはりかわいいです。



他のタロットを見ますと・・・
030_20140322210818fbc.jpg

ワンド10 
あぁ、重そうな棒をたくさん運んでらっしゃる・・・。
カップ5 
カップのお水がこぼれて落胆しておられる・・・。
ペンタクル5 
貧しそうな二人が~~!


ソードに関しては
027_20140322205622824.jpg
ひ~~、剣がささりまくってる~!
縛られてる~~!
コワイコワイ!てな感じです。



というように厳しいカードが多いので、ついタロットって怖いと思ってしまうのでしょう。
でも、はっきりしているので、見てどんな感じかも掴めたりします。
どんなカードを使うかは自由なので、好きなもので選ぶのがいいですね。
タロットの基本という意味でもライダー版は勉強しておくとよいかもしれません。


ただ、アロハタロットはこのライダー版が読めるからといってできるものではありません。
タロットが基本となってはいますが、細かい意味は違っていたり、小アルカナに対しては解釈が違っていたりもするので、講座はとても大切となるわけです(^o^)/


3種類のカード並べてみました。
大アルカナ、小アルカナの対比です。
025.jpg


また機会がありましたら他のカードも紹介します♪




スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top