2014
04.14

タロット占いで必要なこと

タロットをなかなか信用できなかった以前から、すっかり信じている今ですが、その辺の私の想いについてお話したいと思います。

アロハタロットの学びを進める中で、イベントに出展したり、友人や家族を占ったりと多く実践を重ねていきました。
そして、いつのまにか、すっかりタロットを信用するようになっていたのです。
占いをしにいってもタロットだけは信用することができなかった私が・・・です。

アロハタロットでの占いを繰り返すうちに、当たってると思える結果を見る事ができます。
その度に「すごい!なんで当たるの?」と、頭に「?マーク」がいっぱいになります。
とにかく、「当たる」ということが「すごい!」と思ったのです。

ところが、当たる事が不思議不思議と思っているうちに、ある日、当たってあたりまえだ!といきなり納得してしまいました。何故そう思ったのかはよく分かりませんが、すっと腑に落ちた感じです。
1day体験講座で当たる仕組みの説明はあるので、そこで頭で納得はできたけれど、心がなかなか納得できませんでした。それが、やっと心からの納得ができたのです。
こうなれば、カードとの信頼関係もでき、ますますカードは素直に出てくれますし、すんなり言葉が出てくるようになります。

そして、新たに思った事。
当たるとか当たらないとか・・・大切なのはそういうことではないのではないかという事です。
もちろん、当たるとわかって信用できるようになったからこそ言えることです。
タロットで占う事で心の整理ができたり、今後どうしたらよいか決める事ができたりと、気持ちが前向きになれるという事が大切なのです。
「どうなりますか?」
「こうなります。こうして下さい」
ということではありません。
最終的にはクライアントさんが決め実行するのです。
結果が分かった上で、ではどうしていったらよいのか、を改めてご自身で考えてみる事が大切です。
タロットはあくまでもサポート的な役割なのです。
占った結果を無視しろと言っているのではありません。
そんなのちがう!と、否定的になっていては占いする意味はありません。
結果をしっかり分かった上での判断ということです。
占い結果を受け入れ、そして自分の意志で行動するということです。

何でもかんでもタロットに頼ることばかりになれば、それは依存になってしまいます。
同じ事を繰り返し占ってしまったり、丸1日タロットづけになってしまったり・・・そうならないよう注意は必要でしょう。
しっかり自分の意志を持ち、行動できるようになるためのアロハタロットでありたいと思います。




スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top