2014
03.09

アロハタロットとの出会い④セラピーコースへ

前回より引き続きです・・・。
文章は大の苦手で嫌いなのに何故か続いております。こっそり?綴っています。
どうぞさらっと流す程度にご覧下さい(^_^;)

さて、1day体験講座をアドバンスコースを受けてからは、家族や友達相手に占いしました。
練習のつもりで機会があればするようにしました。
とにかく楽しくて夢中でやっていました。
ただ、これでできているのか?というような疑問は常にあったので、テキストを見比べながら何度も確認してという繰り返しです。

そんな日々が続いたある日、アドバンスコースの後にセラピーコースという講座が関西で開催されることになりました。
アドバンスコースまででじゅうぶんと思っていたのですが、どうも気になります。
別に占い師になるわけでもないし、セラピーしたいわけでもないし・・・とスル―しようとも思ったのですが、初めて関西でこの講座があり次回はまたいつかわからないと思うと、はやりどうにもこうにもソワソワしてしまいました。
4日間もあるし、決して安い受講料ではないので、かなり迷いました。
実のところ、セラピーコースをとばして占いコースを習いたいという気持ちがありました。占いの方が楽しいというイメージがあったからです。
でも、とばすわけにはいかないので、思いきって申し込みしました。
「えいっ!」という感じです(笑)

そして、セラピーコースを受講しました。
この講座では、受講者が私1人ということもあり、なんとも贅沢な先生方との濃い時間を過ごさせていただき、すっかり久笑先生と人志先生に惚れてしまいました(*^_^*)
それと共に、私のアロハタロットに対する想い、そしてタロットに対する見方も変わってきました。
いかにセラピーが大切かを知る事ができ、なぜ占いコースの前にセラピーコースがあるのかという事もよく分かりました。
自分が癒されていないと、他人を癒す事などできないという事です。
そして、占いをするにあたってもセラピーの必要性が分かりました。
占いの結果や対策だけではどうにもならない場合があります。
対策を言われても、分かってるけどそれができない・・・という場合は、心にふれなければその対策のとりようがなかったり、心の開放がなければ根本的な解決に繋がりません。
両方をうまく組み合わせて占いするというのが必要なのです。
そういった意味で、このセラピーの重要さが分かりました。

「関西では1人目のセラピープロだね!」と先生方に言っていただき、これから頑張ろうという気持ちが出てきていました。
こうして、新たにセラピーを学ぶ事によって、自信もついてきたので、たまに出ていたイベントにアロハタロットも追加して、実践へと励みました。
遊びから真剣に向き合う形へと変化していったようです。
それからは、前よりアロハタロットを信頼して使う頻度が増えました。
出かける時は常に持ち歩く、いつでもどこでもできるようにと・・・。

この時点ですっかりアロハタロットにはまっていたのでした(*^_^*)


つづく









スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top