2014
03.01

アロハタロットとの出会い①

今更・・・ですが、私のアロハタロットとの出会いなど、この辺でお話ししようと思います。

そもそもタロットを自分がするなど、ましてや教える、という立場になるなど、全く考えもしていませんでした。
思ってもいなかった事を今やっているというのが、今となっては本当に不思議で面白いと思います。

昔から占いには興味はありましたが、どちらかと言えば信じてはいませんでした。
でも、雑誌などについている占いのページなどは、必ず目を通して読んでいたので好きは好きでした。
ただ、内容はあまり気にせず、忘れることは多かったです。
占いの館と言われる場所には何回か行った事はあります。
その中では特にタロットだけは信用できず、タロットを出されるとがっかりしてしまいました。
適当に引いたカードで何が分かるというのか?そんなの当たるわけがない!と。完全否定です。
まだ四柱推命等の統計学的なものの方が真実味があり、信用できると思っていました。
ところが今ではそのタロットを手にしているなんて~!
昔の私だったらありえないと腰をぬかすでしょう(笑)

それが何故信じられるようになったのでしょう?
完全に信じられるようになるまでにはかなり時間はかかりました。
まずはそのきっかけをお話しましょう。

まずは、レイキとの出会いなのですが、全てはここから始まっています。
レイキのセミナーを受けた後、スピリチュアルな事にどんどん目覚めていき、学びたい事も多くなっていきました。
そんな中で、タロットカードやオラクルカードについても理解できるようになりました。
たくさんの種類のカードがあると知り、描かれている絵も様々なので、見ているだけでも楽しいと思い、知らない間にカードが一つ二つと増えていきました。
ただ、この時点ではまだまだカードというものを信用はしていたというわけではありません。
美しい絵が描かれたカードというのは、私にとって、非常に魅力的というだけです。それに何かメッセージがついてくるといった感覚でした。

妹が東京でレイキを伝授を受けたということで知った、佐藤人志先生。
聴いた人志先生の印象はとてもよかったので、度々HPを拝見していました。
私も東京で受けようと思ってはいましたが、結局関西の別の先生からセミナーを受けました。
そんな時、人志先生がタロットカードを作られたというのを知りました。
その新しく作られたという「ハワイアンアロハタロット」がとてもとても気になってしまいました。
そして、ついに購入を決めたというわけです。
ふつうのカードよりお値段もお高いですし、少し迷ったものの、優柔不断な私にしてはすんなり購入してしまいました。

そんな感じでアロハタロットとの出会いがあったわけです。


ということで、長くなったので続きはまた・・・(^o^)/










スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top