2013
06.16

「ハワイ・花と文化展」へ行ってきました

Category: その他
大阪鶴見緑地「咲くやこの花館」で開催されている「ハワイ・花と文化展」へ行ってきました。

3b06eda1fb6210694bdbad9863635f76.jpg




086.jpg

たくさんのハワイの植物を見られる、しかもカードにもでてくる植物達を見られるという貴重な体験です。
これは行かずにはいられません!!
練習会に来て下さった、Kさんに教えて頂きました。Kさんに大感謝!
急遽練習会に参加して下さった方達にもお知らせしたところ、皆集まる事になりました。
たくさん写真を撮ってまとまらない感じですが、ピックアップして紹介しますね!
説明文は、それぞれ表示してあった説明書きや、ハワイ在住のガイドさんのお話を参考にしています。




013_20130616092604.jpg

003_20130616194152.jpg


ハラの木
タコの足のような根が特徴で、葉は編細工に使われます。女神カポの化身と言われています。
また、葉が美しいことからビヨウタコノキと名付けられています。
タコノキは雄株と雌株があり、雌株はパイナップルのような果実をつけます。
アロハタロットでは、ウハネ11に出てきます。左の端の方に描かれていますね。




032.jpg

こちらはおなじみバナナの木です。左側の画像、バナナの下についているのはバナナの花です!
大アルカナ9、ウハネ3、ウハネ5、ウニヒピリ3など、繁栄を表すバナナとして、たくさん出てきます。
それぞれバナナの花もしっかり描かれていますね~。本物のバナナの花、大きくてびっくりでした。

バナナはポリネシアが持ち込んだ植物。ハワイの四大神カナロア(豊饒、生命の象徴)の化身であると言われています。ゆっくり熟すバナナは忍耐を教えるともいわれ、こんなことわざがあります。
「バナナは一日では実らない=辛抱強く待てば報いがある」

また、白い筋が入っている斑入りバナナは、ハワイ王朝で王族しか食べることが許されないバナナでした。
このバナナを見ただけで、王族以外の人はその命を奪われてしまうほどでした。ですから、斑入りのバナナの前を通る時は、頭を下げて見ないようにしていたといいます。
現在でも、イオラニ宮殿の近くに斑入りバナナがあるそうです。


005_20130616094838.jpg

パンノキ
ポリネシア人がオセアニア地域からハワイの土地までカヌーで旅をして持ち込んだ植物のひとつです。
実は創造の象徴で、男の子が生まれると、一生分の食べ物を与えてくれるものとして植えられます。
また、炭水化物を多く含んだ野菜で、優れたカルシウム源であり、ビタミンAとBをたくさん含み、ビタミンCやチアミンも含む健康食品でもあります。
発展や豊かさを表すパンノキは、ウハネ13、ウニヒピリ1、ウニヒピリ2に出てきます。


KIMG0795.jpg

タロイモ
カードにはたくさんでてきますね~。

カロ(タロイモ)は「伝統植物」でハワイを含むポリネシア人の重要な主食。
ハワイ人の精神文化にとって、カロは極めて重要な位置づけです。
昔、空の神ワ―ケアと、陸の神パパの間に子供が生まれましたが、死産だったために両親は悲しんでその亡骸を土中に埋め、そこから芽が出てカロが育ちました。のちに彼らには女の子が授かり、人の祖先となるハロアという男の子も生まれました。ハワイでは、カロと人間は兄妹の関係であるとされています。

ハワイアンの人々にとって「タロイモ」を主食というだけでなく、ハワイアンの祖先の兄で、自分たちはその弟、妹と思っています。
ですからタロイモは亡くなってしまった兄を偲ぶものであると同時に脈々と続くハワイアンにとって「魂の食事」であるものです。


027.jpg

マンゴ、パイナップル、ライチ、パパイヤです。
ウニヒピリ2、ウニヒピリ14、ウハネ5などに出てきます。


022.jpg

ヘリコニア
ギリシア神話で芸術の神ムーが住むヘリコン山の由来、優雅な姿に因んでいます。
赤いハサミのようなものは花弁ではなく、苞とよばれるものです。
アウマクア5のヤモリのつかまっている葉です。


096.jpg

イリマ
薄い黄色い花は時間と共に黄色からオレンジ色、赤と変化します。この黄色は王族を表す色、オアフ島の花として、またレイの素材として珍重されました。
このレイには神話があります。神マウイが巨大なウサギを退治して女神ヒナを助けたとき、ヒナは喜びを表すためにイリマのレイで自らを飾りマウイに感謝を表したといいます。
そこから「あなたを誇りに思う」という意味のレイになりました。

イリマもたくさんアロハタロットに出てきますね。
ウハネ1、王の周りに描かれています。王族の花です。そして、アウマクア13、ウハネ13、ウニヒピリ14です。


115.jpg

ククイ
ポリネシアンが持ち込んだ伝統植物のひとつでハワイ州の気でもあります。
様々な用途に使われた「万能の木」です。炒った種子に塩を加えてイナモナという調味料を作ったり、種子・葉はレイに、種子油は灯りの燃料に使われ茎・樹皮も薬用と赤い色の染料に使用しています。
ハワイ創生を語る「kumulipo」の中で、ククイは「人間を守る木」と呼ばれています。セレモニーのときにレイをかけたりと人々の生活に伝説が息づいています。
神聖な木としてアロハタロットの中で、最もたくさん登場する植物ですね!


098.jpg

オヒア・レフア
本当はもう少し赤いのだと思います。展示の鉢植えになっていたので、少し弱ってしまっているのでしょうか?
展示の為に、無理に移動され、申し訳ない気持ちですが、お花が咲いているところが見られてうれしかったです。

実は、このオヒア・レフア、珍しいオレンジのものらしいです。てっきり赤色だと思い込んでいたので、弱ってるだなんて思ってしまいました。こんなお色もあるのですね~。貴重なお花を見せていただきました。

ハワイミツスイはこのオヒア・レフアの花の蜜に依存しており、昆虫のいなかったハワイでは、鳥は受粉の媒介者でもありました。また、花やつぼみはレイの材料としても用いられ、女神ペレに引き裂かれた若者オヒアと恋人レフアの伝説があります。
この伝説は、アドバンスコースでカードに出てきた時にお話ししています。

アロハタロットでは、アウマクア10にはベニハワイミツスイとオヒア・レフアの花が描かれています。
その他大アルカナ4、6、10、19、アウマクア13とたくさん登場しますね。


104.jpg

ビーチナウパカ
この花を一番みたかったかもしれません・・・
でも、お花は咲いていませんでした。残念!
それでも、葉っぱだけでもみられたのはうれしいことです。

ハワイにはこの種を含めてマウンテンナウパカ、ドワーフナウパカの3種類のナウパカが自生します。
マウンテンナウパカ(固有種E種)はビーチナウパカが山間部に移り種分化したもので花に香りがあります。
半分になった形の花から、悲恋の象徴としてハワイの神話に登場します。
この神話はアドバンスコースでも少しお話しています。
山と海に咲くナウパカ、ハワイでも両方を見るのは難しいそうですが、いつの日か見てみたいものです。


KIMG0799.jpg

127.jpg

ティーリーフ
ハワイの庭や山の中で見つける事ができます。
もともとポリネシア人がハワイに運んできたもので、葉はしなやかで、光沢があり、多く水分を含んでいます。
また、葉は、食料の包装、フラのスカート、お酒の原料、悪霊が入ってくるのを防ぐ魔除けとして家の周りに植えられたり、海水や水に浸した葉を振りかざして清めの儀式をしたりとハワイの歴史の中で、重要な役割を果たしている植物です。

ティーリーフはアロハタロットには浄化や聖なるレイとしてもたくさんでてきます。

観葉植物が大好きなので、ティーリーフは、前から欲しいと思っていた植物です。
園芸店ではなかなか見ないので、ネットで注文しようかずっと迷っていました。そして、この日は、ティーリーフのレイの講習会もあると聴いていたので、せめて葉だけでも欲しいと思い、申し込んだのですが、すでに満員、残念に思いあきらめました。
ところが、その場で鉢植えで売っていたのです!テンション上がって即購入しました。
もう一つ欲しい・・・と思いながら・・・。
そして皆でお茶休憩して、アロハタロットしました。
その時、もう一つ買う事は吉か凶か!?を占ってもらったところ、
「吉!」
そしてもうひと押ししてほしいと思い、買わない事は吉か凶か!?
「凶!」
もう、買うしかないですね~。二つ買って帰りました♡



124.jpg

プルメリア
かわいいお花ですよね。

茎は多肉質で折れやすく、白色の乳液を分泌します。花に芳香があり、ハワイといえばプルメリアを思い浮かべますが、ハワイ原産の植物ではありません。オアフのココヘッドのコレクターの広大なプルメリアの林は有名。目にしみる美しい花と香りは熱帯の花ならではです。しかし、清楚な姿のせいで、墓地に植えられることが多く遠ざけられていました。最近では、レイや街路樹としても使われています。

大アルカナ17、ウニヒピリ14に描かれています。



KIMG0809.jpg

ポーフエフエ
これは販売していました。
海辺に咲く朝顔のような花です。
フラにも登場する植物です。
ウハネ6ででてきます。


KIMG0797_20130616112036.jpg


015_20130616110902.jpg


手毬のようにかわいらしいサンタンカと、黄色い丸っこい花びらのアリアケカズラ、まるでトーチのような、トーチジンジャー、そして、アンスリウムとカトレアです。
ウニヒピリ13、ウニヒピリ14に華やかに登場しています。



さて、まだ紹介したいお花はあるのですが、あまりに長くなりましたので、本日はここまでにしますね!
長々と読んで下さりありがとうございました。

次回は、ハイビスカスの画像アップです。お楽しみに~♪


スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.06.17 21:12 | 編集
コメントありがとうございます!
そして、オヒアレフアについてご説明ありがとうございます!
これは、オレンジ色のオヒアレフアだったのですね!!
そうとは知らず、失礼いたしました<(_ _)>訂正しておきますね。
また、フラワーツアーなど訪れたいと思います。
ありがとうございました。

marikodot 2013.06.17 21:20 | 編集
わ~っ!すごい丁寧なレポートありがとうございます!
とっても勉強になります。
まだ他のお花の話もあるんですか!?
続きのレポート期待してます!

komodot 2013.06.17 22:20 | 編集
komoさん
コメントありがとうございます!
あまりうまくまとめられてはいませんが、レポートしてみました(*^。^*)
続きのレポートもアップしましたので、またお時間ある時に見て下さいね!
marikodot 2013.06.18 01:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top