2014
05.19

Go for Broke!〜ハワイ日系二世の記憶

先日は、明石まで「Go for Broke!〜ハワイ日系二世の記憶」の映画を観てきました。

558698_393307464117817_1396039616_n.jpg

アロハタロットティーチャー仲間であり、ロミロミサロンをされているぷななさんが主催する映画です。
映画を観たいというところから、中心となって主催してしまうというエネルギッシュなぷななさん。
ハワイを愛し、熱いハートを持つぷななさんにはいつも刺激をもらっています。

さて、今日上映のこの映画は、ハワイの美しい部分を紹介というのとはまるで違い、プランテーション時代の影響が色濃く残る頃を幼少期として過ごした二世の様子、そして、日本軍による真珠湾の攻撃でハワイの日系社会が一変した様子など、体験談として生々しく語られています。

ハワイは年間多くの日本人観光客が訪れますが、それほど英語の必要がなく、日本人というと地元の人々が歓迎してくれる現在です。
それは、日系移民の末裔の人々が、長い年月をかけてハワイの社会に果たしてきた役割のおかげなのです。
観光地として人気のハワイの裏側には、こうした日系二世の方達の存在があったのだという事を改めて知りました。

戦争によるはかり知れない苦悩、それは戦時を生きた人々が今でもリアルに残っている、決して忘れられない出来事です。最後に亡くなった戦友について、忘れない、決して忘れる事はないと語られていたのがとても心に残りました。
85歳以上の高齢となる34名が語る戦争の歴史としても貴重な映像だと思います。
今のハワイを知る上で知っておきたい日系二世の方達の声を聴く事ができる映画でした。

4ウハネ8アウマクア6

ウハネ8 神話  アウマクア4 記憶  アウマクア5 役割

日系二世の記憶、役割を果たした彼らについて正しく語り継いでいく事。
それがまた私たちの役割でもあります。
日本からみたハワイの歴史、日本のもう一つの歴史
・・・という意味としてカードで表現してみました。






スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top